ようこそ、MF設計工房へ。長く住める良質な住宅を安心価格で手に入れるためのパートナーでありたいと思います。長期優良住宅の取得には建築主の方だけでなく、工務店の方々への協力も致します。

CO2削減

CO2削減に向けて

CO2を削減する為には、流通や工業生産活動による努力だけでは、日本の約束は達成できず、もはや個人のレベル、住宅から発生するCO2を抑えなければ、追いつかない状況です。

考え方は、人それぞれですが、自分の子どもや孫世代のことを考えるなら、自分達の出来る範囲でCO2削減に取り組もうと思わない人は、いないでしょう。

小さな事から始めればいいと思うのです。例えば切れてしまった白熱電球をLED電球に変えるとか、窓に簾を掛けエアコンの負荷を減らす等、身近な所から始めましょう。

住宅を造るとき

それでは、住宅を新築する場合にはどの様なことが出来るのでしょう。少なくととも、平成11年3月30日 通・建告示1号(次世代省エネ基準)で示される基準(等級4)は、満足すべきでしょう。

EU諸国ではこれらの基準より遥かに厳しい基準を設けています。少なくとも自分の造ろうとする住宅がどの程度の断熱レベルであるのかくらいは把握すべきでしょう。

さらに、設備的には、太陽光発電パネルや家庭用燃料電池等、を採用することもCO2を削減には大きく貢献しますので、予算に応じた検討も必要でしょう。

住宅を造った後で

すでに、住宅をお持ちの方はどの様なことが出来るでしょう。築20年以上の住宅にお住まいの方は、冬場暖房が効きにくい、暖房しているにも関わらず足元が寒い、家の中で(暖房室と非暖房室)の温度差が激しい等の問題を抱えておられる住宅が多いと思われます。

これらの住宅は床下から小屋裏まで壁の中(特に中通りの壁)で繋がってしまっている場合が多く、いくら暖房をしてもこの壁の中の気流と共に暖気が流失してしまい、上記のような現象が起こります。

対策としては、予算に応じて以下のような対処が考えられます。

  1. 壁体内の気流をとめる。
  2. 小屋裏の断熱を強化する。
  3. 窓の断熱を強化する。
  4. 外壁及び基礎の断熱を強化する。

これらの、対策を施すことで、エネルギー効率は良くなり、CO2を削減出来ます。このようにCO2を削減することは、燃費の良い自動車を買うのと同じで、冷暖房費が抑えられますが、それなりにコストは掛かります。

それは、バランスの問題で、その家に何年住む予定か、快適に暮らすか我慢をするか等、考える必要がありますが、ここでは感覚的なお話に留めておきますが、10年以上住むつもりなら、300万円くらい掛けても、冷暖房費と快適な暮らしを考えて元が取れるような感じはします。

それ以外には、設備の更新時期に合わせ、高効率のエアコンを採用するとか、ヒートポンプでお湯が出来る(エコキュート)を採用等でしょう。

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional